股関節を意識して歩く

5月末くらいから、唐突に自宅でストレッチを始めた。緊急事態宣言も解除され、それでも仕事する以外は自宅でただ待つような日々、このままだとマジで別の病気になるかもしれないと思った。なにか健康的で誰にでも肯定してもらえる時間の過ごし方をしたかったのかもしれない。最初はKindleUnlimitedで拾ったストレッチの本だけだったのだけど、これだと30秒とか数えるのが自分なのでついサボりがちになる。なのでYoutubeに移行した。二の腕痩せ、太もも痩せ、寝たままできるストレッチ動画を拾っていった。目の前で一緒にやってくれる人が見えるだけで続けられる。1週間以上やってみると、「疲れたもうやめよ」までの時間が長くなり、だんだん「もうちょっとやろ」が増えてきた。6月なかばくらいから、初めてダンス動画に手を出した。初日30分汗だくになったけど、充実感と自己肯定感がすごかった。
早番の日や夜勤明けの日はサボりつつも、ほぼ毎日少なくとも20分は踊ったり脚上げたり腕上げたりしている。最初は動画の先生ほど息が切れないので違和感があったのだけど、身体の使い方がなってなかったようで、別の動画の解説を見て筋肉の動きを知って意識して動くと、よりゼーハーゼーハーへっとへとになるようになってきた。見かけは全然痩せてないし体重も減っていないけど、なんだかお尻がかたくなってきた(ような気がする)。とにかく大事なのは股関節とお尻の筋肉らしい。今日は昨日一昨日とサボったからって3分+6分+42分でもう意識朦朧としながらこれを打っている。
ストレッチを初めてしばらくしたころ、これもまた唐突に「鬼滅の刃」(その当時20巻まで)を一気読みした。ほぼ1日半で全部読んだので、泣きすぎて残りの半日は瞼をパンパンに腫らしていた。めちゃめちゃおもしろい。さすが大人気だっただけのことはあるなあ。流行っていてタイトルは知ってるけど触れてないものが多すぎる人生なのだけど、履修できて嬉しかった。コロナのなか職場の人が薦めてくれて、その人にはダンス動画を薦めたらおうちでやっているらしい。鬼滅、7月のあたまに21巻が出て、出勤の電車の中で泣けてきたので大変だった。秋の映画も絶対行きたい。

前回中止になった公演の備忘録を書いたけど、何もないと思ってた7月にジャージーコンサート、8月にヒプステの開催が決まり、戻ってきた返金がまた入金になっている。しかしジャージーは前半4公演が中止になっちゃった(該当公演のチケットは持ってなったけど)。もはや毎日がガチャのような日々。それはまあ、いついかなるときもそうなのだけれど。

あるはずだったもの

あまりに月日が経つのが早いので、育ち盛りのお子さんがいる人なんかはさぞ不思議な気持ちだろうなと思う。
ジャージーボーイズ2020も中止が決定し、手元にあるチケットは完全にリセットされることになりました。もう何を言ってもしょうがないのだけれども、今年行われるはずだった作品・公演は本当に私にとってキラキラした素敵なものばかりだったことを書いておく。

「うちタマ!?~うちのタマ知りませんか?~」公開イベント@東武動物公園(2月29日)

登壇者が壮馬氏と白井さんという、本当にあのときだったからこそこの二人っきりのトークってめちゃめちゃ観たかったな!!チキショー。声優さんのイベっておそらく今後もずっと緊張すると思うけど、ひとりで東部動物園までえっちらおっちら行くのもわくわくしてたなあ…。

磁石単独ライブ20th anniversary「Congratulation」(5月23日)

20周年記念だったんだよお~チキショー。 来年やる気でいてくれるけど。蟄居してる間に佐々木氏がどんどん太ってるから心配。

ゆず ARENA TOUR 2020 YUZUTOWN

初めての三重、行きたかったなあ。横アリ初日は自分の誕生日でした。チキショー。ゆずちゃん、ライブなくなっちゃったけど配信ラジオとか始めて、別々の部屋で顔を合わせずに収録してるって聞いて、ゆずちゃん2人史上初めてのことでは!?ってびっくりしちゃった。

ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」Rule the Stage -track.2-

何回か行けたらいいな~でもいちまんごせんえんだしどうかな~と思っていたら、オリジナルディビジョンキャストにまさかの加藤くんが出るってなって「何回行こうかな!?」になって結局5公演分取ってました。はまっている作品の舞台化に俳優の推しが出るという、自分に取ってもありそうでなかった新鮮な経験だったので、今年いちばん楽しみにしていました。いつか絶対に開催してほしい。チキショー。

「ジャージーボーイズ2020」@帝国劇場

矢崎くん続投3度目のジャージー、に、大山くんが別チームで出る!!とんでもない喜びだったよ。ジャージー初演のとき藤岡さんの番組で「まさしもいつか出そうじゃない?ニックとかで」って言われてて、まさか本当に実現するなんてさあ…。大山くん、1月のバースデーイベントで、同期のなかまたちや後輩がどんどん帝劇の板の上に立っていくのを見ながら自分はどうなるんだろうって思っていた時期もあって、やっとやっと夢が叶った、と言っていたけれど、わたしにとってはその作品が他でもない大好きなジャージーであることが本当に本当に嬉しかったよ。嬉しすぎて、お見送りのとき大山くん本人に「ジャージーおめでとうございます」って言ったらそのまま感極まって(夜勤明けだったし)「う、うれしい~~(涙)」ってなっちゃって、大山くんも「俺も嬉しい~~(へにょへにょ笑顔)」って言ってくれた…。いつか絶対に開催してほしい。チキショー。

このあいだにも発表されることなく消えていった作品やイベントがたくさんあるんだろうなあ。悲しいけどどうか誰も死なないでほしい。病気でもなんでも、心もからだもせめて穏やかでいてほしい。

0416

てんやわんやしてるのでちゃんと日記をつけたいなと思ってるんだけど、職業柄ここに詳しく書くのが難しくて推敲してるうちにめんどくさくなってやめてしまう。
気持ちはわかるけど落ち着いて、そんな怒らないで、という事案が増えていて、緊急事態だなあとしみじみ思う。自分があまりに寄り添えないので、やっぱり人間としてどこか欠けてるのかもしれない。こころに虚無を飼っている。

0412

職場でもコロナの波が小さくも一気に押し寄せてきたのだけど、PCR検査の結果は早くて2日長くて1週間かかるそうで、毎日発表される数の数十倍は実際感染してるんだなあと思った。検査する人もすっごい大変だ…。

怒りや不安の声をこの機会にあげたり、建設的な改善を求めることは大事だと思うけど、そこにどこかとの比較や差別の感情を入れてしまっては台無しだなと思うこのごろ。同僚の人の別部署への個人的感情がデカすぎて見ていてつらい。わたしたちはこんなに頑張っているのに向こうは自宅待機が増えるなんて不公平、向こうを減額してこっちの手当てに回してくれないと納得できない、それくらいしなきゃ向こうは働かないよねって、そりゃ同意できないよ。2年前までわたし、向こうに居たんだけどなあ。「こっちは誰も体調不良者出てないのに、気合が違うんじゃないの?」ってそれいつか巨大なブーメランになっても知らないよ~怖いよ~。カテゴリーで人間をヘイトするのって、してる本人がやりやすいからなんだろうな。そういう正義を持っていれば永遠に自分は正しくいられるもんね。あんまりこういうの残したくなかったんだけど、自分のこころを抉ってくるのは感染症そのものや国の政策やら延期や中止やらよりも、こういう人がすぐそばにいることだったので、悲しいから書いてしまった。

100分de名著「ペスト」の再放送を見る。身につまされすぎて胸が苦しくなった。

0405

本来だったら、ゆずちゃんのツアーで三重に行ってるはずで、明日まで休みを取ってたんだけど、予定のない3連休なぞつらすぎて、土曜日は出勤してきました。街にありえないくらい人がいなくて、普段なら混みすぎて絶対いけないようなところへ利用者さんと歩いてってタピオカ買ってお外で飲んだ。楽しかった。山手線も空いてるし、なんとなく一席開けて座るのが暗黙の了解みたいになっていた。
f:id:kmad:20200405194446j:plain:w250

今日は家に引きこもってるあいだに前からやろうと思ってた、持ってるワンピースに刺繍をするという計画をついに始めるぞと思い、針、どこで買えるんだろう…と思って調べたら3駅ほど向こうの商店街にちっちゃい手芸屋さんがあると分かったので歩いていってきた。日曜日だからやってないかもと思って行ったけどちゃんと開いてて、店主のおじいちゃんが手作りっぽい柄のマスクをしてた。ほこりっぽい棚からやっと針を発見したんだけど何年前のものなんだろう。値札もついてなくて、おじいちゃんが「あれ、お値段が…ないですねえ…まあこれくらいでしょうね」ってだいぶお安く売ってくれたと思う。
f:id:kmad:20200405194457j:plain:w300
レトロ~。
みんなそうだと思うんだけどせっかく出たからには何か買いたい、みたいになっていて、結局地元のスーパーとかがいちばん混んでいる気がする。

マスク2枚の件から数日たっていろんな意見を目にして、この件に限らず、結局人間は自分のこころにどれくらいフィットするかでしか物事をはかれないよなーと思う。私は仕事柄、サージカルマスクを優先的にもらうべきところに居るんだけど、正直潤沢にある状態だもんで布マスク2枚が勝手に送られてくるのがあまりにばかばかしかったんだけど、とてもありがたいと思う人もいるんだろうなあ。毎日列に並んででも欲しいと思っている人のこころを変えることはとてもむずかしい。そこにマスクが布かどうかはもう問題じゃないし。ぶっちゃけ職場のマスクもバンバン使う人も居れば、気を遣って使わないで「買えない…」って嘆いてる人もいて、その気遣ってる人のこころも変えることはきっとむずかしいんだよ。
自粛してねって言われてちゃんと意識する人もいればしない人もきっとどの年代にも一定数いて、でもどの人たちにも発症したら同じ医療を受ける権利がある。労働の対価ではないお金の給付を「不公平」と見なす層も一定数いる。本当に世の中にはいろんな人がいるなあ。怖いなーと思うのは我慢を強いられてでも何もフォローしてくれなかったら、「もう言うことなんか聞きたくない」って絶望した人のエネルギーが爆発すること。アメリカや欧州の各国が手厚い手当てと罰則を出して外出禁止させているのは、暴力革命の経験があるからかもしれないというツイートを見て、本当にそれだよなあと思った。日本人、言うこと聞いちゃうし、それでなんとかなってるもんなあ。将来的に守れない約束になってもいいから、今このときに「お金、出すよ、補償するから休業して」って言ってあげたらいいのに。それだけでだいぶ違うと思う。
私も3月半ばくらいまではまるっきりノホホンとしていたし、中止や延期を余儀なくされたり、再開しては批判されて結局中止になったりしたさまざまな興業が不憫でしょうがなくて苦しかったし、理性より感情が先行してるようなことばが推しの方々の心を圧迫してると怒ってた。でも、日々こんなにも目まぐるしく世界は変わってしまうので、それに必ずしも付いていけなくても、いつまでもちょっと前のマインドにしがみついているのはよろしくない。あっちが正しくてそっちが正しくないとか決めるんじゃなくて、こっちを信じてみようと思った感覚を確固で言語化できるようにしておきたいな。


地球温暖化や大気汚染が一時的にストップしていたり、アマゾンの奥地でもコロナの感染が分かったりして、もう本格的に地球のリセットが始まってるのかもしれないな。おととしから災害続きで、この小さな島国はまっさきに沈むのかもしれないと思ってたけど、それどころではなかった。

2020年の4月になったにっき

昨日、ここ数週間のことを備忘録として書いておこうと思ったんだけど、なんだか無理だった。

今日は夜勤明けの休みで、休みが取れたようこちゃんと横浜へ猫カフェに行ってきた。ふれあいスペースに入る前に手洗いうがい消毒をする。
f:id:kmad:20200401191552j:plain:w350
90分たっぷり楽しんで、ごはんをさくっと食べて一緒に帰ってきました。
ようこちゃんとは29日の夜も我が部屋でアベマでヒプマイライブも一緒に観まして、もうピザとか注文しちゃったよね。めちゃくちゃ楽しかった。誰かと一緒に観れるだけで幸せだったー。無料で配信とか本当にいいのかいって思ったけど、この機会に界隈でない人たちもたくさん見てくれて、フォロワーさんが「雰囲気が良くて(キャストの)皆さんみんな楽しそう」って印象を持ってくれてたのがめちゃくちゃ嬉しかった。最近、いかにきっかけや存在に触れることを気軽に作れるかは運営の腕の見せ所だなとしみじみ思うよ。ゆずちゃんも中止(延期)続きで、そんななか公式チャンネルは本人たちも救いだろうな。
ヒプマイのゲームが配信されて、そういえばこれのために一昨年(もう一昨年)スマホを替えたのに、これやりすぎてやばいやつだからiPadだけでやろうと決めて、ぼちぼちやっています。SSRのカードが欲しいという気持ち、これなのね!とっても楽しい。音ゲーも、HARDとか絶対無理だと思ってたけどいつのまにか出来るようになったりするのでやはり上達とは反復練習が基本なのだな…

外に出ることは控えなければならないとは思いますが、「なにも予定がなくて家で過ごす」ことと「出かけてはいけないと思って閉じこもる」のはストレスが段違いすぎるなあと痛感してる。ゆずちゃん三重のために取っておいた週末の休みが無意味になってしまったので、勤務変更して出勤してやることにしたぜ。K-PROさんの配信を見てても思ったけど、3月半ばすぎて今だからこそできることをやっていこうというフェーズに変化していってたのはすごいと思う。つらいし悲しいしやるせないことだらけだけども、感じた怒りは忘れずに、穏やかに暮らしたいなあ。それが今できることかなあ。

2019年の終わり・ここ最近のまとめ

11月の最初の木曜日に初めて猫ひたの観覧に行きました!ずっと行きたくて今年の目標にしてたんですが本当に行けたよ~。初観覧がのんびり楽しすぎて翌週もたまたま休みだったのでその場で予約して2週続けて行ってしまいました。仲良しほのぼの木曜日、本当に大好き…。山形くんがカメラに写ってないところでも他メンツに絡みにいったりおしゃべりしたりしててかわいいなあと思いました。シフトが出ないと行けるか分からないのだけど12月もふたを開けてみたら偶然にも木曜日全日夜勤明けだったので12月も3週とも行っちゃった…(1月もふたを開けてみたら偶然全部行けるんだけど?行くしか?)

11月17日の日曜日は磁石の20周年蔵出しライブ「KURADASHI」でした!有休をちゃんと取ったにも関わらずチケットを取り損ねへこんでたのですが当日券狙おうと思って前日にチゲット確認したら復活してて無事行けた…。懐かしいネタ、良く出来たネタ、やっぱり磁石はいつ見ても本当におもしろい。お客さんもバイタスにパンパンで、OP映像のあとにふたりが登場したらあったかい拍手がそのままなぜか鳴りやまなくて、永「なんで!?なんで、誰か誕生日?」佐「鳴りやまない拍手が…」永「これ、終わりのときのやつだから」ってふたりがうろたえてたのもかわいかったな~。

11月30日の土曜日はひさしぶりのピューロランド、ヒプマイDJイベントへ。もともと10月に行われるはずだったんだけど台風でピューロが閉館になってしまい、振替公演だったんですよね。オタク4人で行ったんですけど私以外は皆ピューロ初めてサンリオもすごく好きなわけではない女子たちだったけれど、みんな「かわいい!」とぬいと写真を撮りまくり、「キティさんめっちゃかっこいい!」と超クールにDJするキティさんに惚れてしまった(ピューロに行ったオタク、必ず一度はキティさんに惚れて帰ってくる)。シブヤのDJイベ、本当に本当にかわいくて面白くてずっと笑ってたし泣いてた…ちょうどコミカライズで衝撃展開があったりしてメンタルがズタボロになっていたシブヤのオタクたちへの最高の「救済」だった気がしますよ。かわいいは世界を救うよ。サンリオのシブヤの3人、ハマのターンのときずっとおにぎりを握ったり、握ったおにぎりを食べたり、客席に投げたりして、いじり倒してて本当にシブヤだった…。
f:id:kmad:20200101192305j:plain:w300

13日金曜日はようこちゃんとaikoのLLR9でZeppへ。一日ずーっとようこちゃんと一緒(出発から帰るところまで)笑。今回金輪際ないだろうっていう神番号だったんだけど、すごかった…競争もすごかった。殺し合いか?しかしま~ほぼゼロ距離のaiko、かわいかったな…冬だからかナーバスさに拍車がかかってた気がする。毎度ライブのたびに、aikoのライブほど両想いな空間はないなって思ってるのに、そんなaikoに「みんなへの片想いがつのってしまう」とか言われるの切ないよ~。
12月14日と16日は今年の冬のコンボイショー「ONE!」へ。今回も最高でした。大好き。加藤くんがコンボイに出ているから私もコンボイを見に行けるしあわせ。去年と少し変わっているところもあり、エンディングは今年のほうが好きだったな。初日は譲渡したお嬢さんと一緒に観たんですが、GRIEF7の2で初めて加藤くんを観て、「加藤さんが踊っているところをちゃんと観たくて」チケット探してくれたんだそう…!なんと嬉しい!「めちゃくちゃ良かったです…!」って言って下さってたし、本当に良かったな~。こういう瞬間オタクで良かった~ってなる。良い人だったのでぺちゃくちゃいろいろ話してしまったのだけど、「推しが出れたらめちゃくちゃ嬉しい公演ですよね」って言われて「それです~~~!!」と手を叩いてました。

19日の木曜日、ようこちゃんとラゾーナ川崎へレイトショーでアナ雪2を観に行く。1のディスクを持っている(もらった)にも関わらずちゃんと観ていなかったんだけど、これがもうめちゃめちゃ良くてなんだか分からないが泣いてしまった。エルサのように「自分のルーツを知りたい」ってすごく原始的な欲求なんだなあと思いました。だからこそエルサは強くなれたし、そうして見つけた強さで守りたいものを守るっていうストーリーは本当に良かった。翌日早速「1」を観たんですけど、ハンスがこんなやつだったのびっくりだし(でも最近のディズニーっぽい)、よくアナは「元カレ」って言えるな!?ってびっくりした。そういうとこがアナずば抜けて強い。「Let it go」で「これでいいの」と歌っていたエルサが「これがいいの」を見つけられたのが「2」だったんだね。

21日と20日は、猫がいる原稿合宿で有名な千葉の土善旅館さんへオタク5人でお泊りしてきました!年季の入った民宿みたいな外観で食堂とお風呂もレトロで素敵なのに、お部屋がめっちゃ広くてプロジェクターと液タブあってなんかわけわからん空間だったんですけど、優しい女将さんが部屋の説明のときにプロジェクター使用のために暗くするには~っつって突然アレクサに「アレクサ、すべてダウン~」って命じて雨戸閉まってったのが最高だった…この宿最高だなって思った。
f:id:kmad:20200101194919j:plain:w300f:id:kmad:20200101194928j:plain:w300
クリスマスパーティ!
f:id:kmad:20200101192313j:plain:w300
寝っころがって大画面見れる(これはスレイジーのライブを観ている)。
f:id:kmad:20200101192043j:plain:w300
お友だちからついにシルバニアの赤ちゃん(メープルねこ)もらっちゃった~~!小さきいのちがわが手に!!
f:id:kmad:20200101192052j:plain:w300
合宿のメインはTRPGやろうぜってことで、初心者ばっかりだったけどベテランマスターが優しくてめちゃ楽しかった!笑いすぎて熱出そうだったわい。
あとは食べたり飲んだりクリスマスプレゼント交換したりお互いの推しとジャンルの話したりコスメ交換して化粧したりしてもらったりしました。
f:id:kmad:20200101201335j:plain:w300
ネコチャンはちょっとだけ来てくれたけど、嫌がってすぐに出て行ってしまった…。
f:id:kmad:20200101191908j:plain:w150 f:id:kmad:20200101191901j:plain:w150 f:id:kmad:20200101201343j:plain:w150
小さきいのちとネコチャン…。

12月はチケットの分だけの休みが足りず年休を取ったのでめちゃくちゃ休みがあったな…遊んでばっかだったな…。あとヒプステも配信で観ました!すっごくかっこよくて面白くて、豪さん演出だし制作陣手堅いし、舞台化にうじゃうじゃ言ってた勢なんぞ鉄板で鎮火する勢いの出来栄えで感動しちゃった…シブジュクは絶対観に行きたいな~。ヒプもハマって一年半、ストーリーも動いてしんどいけどすごく面白いしわくわくしてるし、これからも曲がたくさん出るし本当にうれしい~。好きなものが面白いって思えるのうれしいよね。おもしろいものが好きでも必ずしも好きになったものを楽しみ続けられるとは限らないから。

合宿が終わったらもうクリスマスも何もかも終わった、みたいな気分だったんだけど、翌週末ほぼ同じメンバーで今年の明治座「る変」を観に行きました。最初は1公演のみの予定だったんだけど、たっきーの件で大山くんが代役をするなどもありみんなで増やそうぜってなって、結果2回観て良かったしもっと観たかった。やっぱりムックさんの脚本好きだな~。信長と光秀のあたりなんてこれまでもこすられまくった題材なのに、そうくるか!って感じだったし、その光秀をおひさしぶりるひまのひらりょがバッチリこなしてくれてて、本当に平野…あんたはとっても良い役者だね…観ていて気持ちが良い。。パンフでムックさんがどの役も「100%当て書きです」っておっしゃってて、そんなムックさんからたっきーのために書かれた役を、大山くんがものすごく誠実に、でも彼なりに演じてくれたのが痛いほど伝わってきて、長政様が出るたびに泣いてしまった。こんな偲びかたもあるんだなあ…。客席も舞台上も、たくさんの人がたっきーを想っているだろう瞬間がたくさんあって、それはさびしく切ないことだけど、劇場という空間の奇跡のようなものだよな。こういうところが変わったねっていうところと、これぞるひまだよねっていうところがそれぞれあって、それはとても素敵なことだと思うんですよね。
私は「る年」の「私の理想を侵さないあなたの理想を、私は侵さない」っていう尊重の在り方が本当に好きで、時代モチーフの戦乱の世の終わりを象徴していたと思うし、だからこそ今回のこの題材において「私もあなたもどうであろうと、私はあなたに生きて欲しい」っていう願いの尊さが刺さりました。誰かのどうしようもない状況を変えるのは、正論や多数の意見ではなく、そんなひたむきなエゴという愛情なんだろうな。あと私が「る典」も大好きだから思うのだけど、る典で半兵衛だったみねくんが、今回秀吉として竹中くんに「生きてくれ!」って訴えるシーンはたまらなく良いなあと思ってしまいます。
f:id:kmad:20200101192406j:plain:w300
今回はアイス最中じゃなくてチーズどら焼(アイス)という絶対に美味しいものがあったので2日とも食べた。明治座さんもどんどん若いお客さんを入れるようになって、しなやかに受け入れているところが素敵だな~。